ミラノサローネ2018にて新作アクセサリー KI6【KIROKU】木鹿を発表しました。

この度 24KIRICOの新作アクセサリーをミラノサローネ2018にて発表しました。

 

KI6  木鹿 【KIROKU】

日本の歴史と技術の継承を記録するアクセサリー

森と、鹿と、人とのぬくもりが感じられるものを目指して。

 

●鹿瑠丹印伝(エゾシカ印伝革)

これまで難しいとされてきた日本鹿による印伝革(漆にて模様をつける伝統工芸)を(株)カルタンが開発 商標登録済。

●金唐革(エゾシカ革)

500年以上前にイタリアフィレンツェのボッティチェリなどが壁面装飾として用いた幻の皮革芸術。日本には江戸時代に渡り、上流階級の人々に愛された一品。

●木(北海道産の木材)

主に北海道のヤマザクラ、クルミ、エンジュなどを使用。間伐材や廃棄される端材を使用し、森の再生を目指す。

 

鹿が増えすぎたことにより、農作物や森の樹々や花が食べ尽くされ、バランスが崩壊。

人が増えすぎたことにより、様々な開発含め環境は変化。

森の恵みに感謝し、大昔からの知恵と技術を継承し、新しいデザインによる活用と本来の共生を目指す。

 

今できることを。

本物の美しさを。

31301553_906773819483612_7257918805190377472_n

31301969_906773772816950_2007231220366180352_n

31265243_906771952817132_6990516769861402624_n

31384176_906771929483801_2925776329565536256_n

ミラノサローネ2018に出展します。

イタリア ミラノで開催されるミラノサローネ2018に、24KIRICOが出展します。

ミラノサローネとは、世界最大規模の家具の見本市です。その中で、ミラノ市街各所で行われるメーカーやデザイナーの展示会をフォーリサローネと呼び、ミラノの街全体が最新のデザインのお祭りになる1週間となっています。

 

24KIRICOは、JAPAN DESIGN WEEK in Milano 匠ブースにて出展します。

2018年4月17日〜22日

■会場住所

Superstudio CENTRAL CENTER 6A

住所: Via Tortona 27, 20144 Milan

 

今回は、これまでの札幌スタイル認証製品と一緒に、24KIRICO新作のアクセサリーを発表します。

森がテーマの木と鹿と伝統工芸がミックスした北海道の素材にこだわった作品です。(近日公開予定)

 

https://japandesignweek.jp/2018/03/milano2018.html

MUSEUM 南3条東2丁目が閉店しました。

24Kのアトリエ&ショールームであったMUSEUM(札幌市中央区南3条東2丁目)が残念ながら一旦クローズしました。

2014年5月にオープンし、北海道のデザイナーやクリエイターが集まったMUSEUM。

大正時代からある札幌軟石の石蔵をリノベーションし、面白い空間を作り上げました。

少し現実離れしたアートを楽しめる空間として、あっという間の4年間でしたが、ありがとうございました。

また形は変わってもMUSEUMを目指して進んでいきます。

報告が遅くなってしまいましたが、、新しい場所が決まりましたら、また皆様にご連絡させていただきます!