LEXUS NEW TAKUMI PROJECTのエゾシカ革ブランケット

先日プレゼンテージョンしました、EZO SIKA DEER LEATHER BLANKET(エゾシカ革ブランケット)。

昨年から取り組みさせていただきました、LEXUS NEW TAKUMI PROJECTにて。

 

エゾシカ革の新しい活用法として、新しい素材へと挑戦させていただきました。

一見革に見えない位の肌触り、軽くて、やわらかくて、ウール素材と合わせることでより保温性も高まり、いままでなかった感触に仕上がりました。

 

今回は、私の憧れである、株式会社 布 にご協力いただきました!

魅力的なテキスタイルで、世界中から評価されている、NUNO の生地を合わせることができて大変光栄でした。

武蔵野美術大学にて、須藤玲子さんに講義いただいた授業はすごく印象に残っています。

 

私は、生地を作る仕事はすごく大変な仕事だなと学生時代に感じていました。

今、生地をつくるのと同じ感覚になっていることに気づき、大変な仕事だと改めて感じています。

 

今回この難しい挑戦をさせていただいたトヨタレクサスと、布の皆様に大変感謝しています。

この機会を無駄にせず、もう少しバージョンアップした形で製品化を進めていきます。

今後に乞うご期待です!

 

只今、このブランケットは、MUSEUM(札幌市中央区南3条東2丁目)のショールームにてご覧いただけます。

IMG_4163 のコピー