武蔵野美術大学にて

去る2013年5月9日、母校の武蔵野美術大学にて、特別講義をさせていただきました。(アップが遅くなりました・・・)

 

「地域の素材や特性を生かしたものづくり」

という議題で、今までの取り組みとこれからの展望をお話しさせていただきました。

工芸工業デザイン テキスタイル研究室 3年生30名ほどでしたが、女性も多いことから現実的な話をさせていただき、すごく熱心に聞いてくださいました。

 

 

好きなことを仕事にするのって、すごく大変なんです。

理想ばかりでは現実に届かない。

少しずつの積み重ねが、今、やっと私を動かしています。

でも、まだスタートラインです!

ARTの力、もっとこれから必要になってくるはず。

自然の流れに沿って、原点に戻る必要があると。

美大で学んだことを是非、生かしてほしいと願っています☆

 

卒業以来の大学、すごく新鮮でした。

すっかり立派な建物が並んでいましたが^^